掲示板

掲示板には節度を持って丁寧な言葉で書き込み、相手が不快になるような言動は慎んで下さい。

道具に関する質問をする時には、ヘッドスピード、クラブのスペック、持ち球、ハンデキャップ、ゴルフ歴など、出来るだけご自身の情報を多く書き込んで下さい。
(情報が少ないと、回答して下さる方が困ってしまいます。)

この掲示板の質問に答えて下さっているのは、RatingGate読者の中のボランティアの方々です。不躾に質問をせずに礼節を守って下さい。回答してもらったら一言必ずお礼を言いましょう。
[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[14458] ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/10(日) 21:49 [ 返信 ]
いつも楽しく見て参考にしてます。
ほとんどがギヤの事でにぎわっておりますが、皆様にお知恵を借りたく投稿しました。
題名にもあるように重量調整用のグルーを探しております。
市販品で色々なグルーは出ているのですが、ちょっと特殊かもしれませんが、常温では硬化して温めると液化するグルーを探しております。
ほとんどの市販のグルーは常温でもゼリー状と思いますが、私の使用しているヘッドはメーカーに聞けばウェイトのネジの部分(ウェイト本体を雄としたら雌の部分)がヘッドが特殊なので完全に溶接できなく、液体状のグルーは推奨できない(溶接しきれていない部分から最悪液ダレする)との事で、探しております。
クラブのメーカー(Y社とかB社)によりますと確かに硬化するグルーは使用しているのですが材料に素手で触るだけでやけどする位の危険な薬品らしく一般に販売していないそうです。
もし実際にお使いになられている方やいきつけの工房さんでそういう類のグルーを知ってらっしゃいましたら是非商品名と入手方法を教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。


[14460] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:GEAR GEEK Date:2013/11/11(月) 07:56
初めまして、GearGeekです。
ヤフオクのゴルフクラブ、部品ヘッドで購入した経験有ります。使い方はヒートガンもしくはコンロ等で熱して液状になったらホゼールから流し込みます。常温では個体です。現在でも購入できるみたいです。確かでは無いですが、溶剤でも溶けたような気がします。


[14462] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/11(月) 17:57
GearGeek様

情報有難うございます。
おしゃっている内容から私の求めている商品と思われます。
もし覚えてらっしゃいましたら商品名を教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。

[14463] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/11(月) 18:25
GearGeek様

今、教えて頂いたヤフオクでそれらしき商品を発見しました。確認の為にお聞きしますが、
工房用のジェルで、写真からはシルバー色の丸缶に茶系のジェルが見えております。即決価格は2,500円です。こちらの商品でしょうか?
あと使用感についてお聞きしたいのですが、常温ですと固まるとお聞きしましたが、どの程度(難しい質問のすみません)の固形化が期待できますでしょうか?
ジェルなのでかちかちにはならないと思いますが、メーカーが使っているジェルはガムとかゴム位の硬さと聞いておりますが、同等程度に固まるのでしょうか?
色々お聞きして申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

[14464] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:GEAR GEEK Date:2013/11/11(月) 18:51
探し人様、
その商品だと思います。溶点は多分夏の暑さでヘッドが熱しられてもweightが移動するほどでは無いと思います。(ヒートガン等で暖めなければ移動しない)固さはかなり硬くロウソクほどだと思います。私も市販の流体ジェルも使いますが、あまり多く使うとその都度ヘッドの重心が移動してしまうので、重心設定には上記の物が良いと思います。(流体ジェルは音なり防止程度に使用)兎に角、ジェルと呼ぶには硬すぎるほどだと記憶してます。しかしちょっとお高いですね!?


[14465] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/11(月) 20:21
GearGeek様

ご丁寧にお返事頂きまして有難うございました。早速、落札しました。
一旦、ヘッドの中のジェルを全部出したので約9gほど必要でしたので、流体のグルーでは動く可能性が大でしたので、本当に助かりました。
あとは無事に届くのを祈るばかりです。出品者さんの評価も上々でしたので安心しておりますが。このヘッドは冬用ですので、夏場の溶点は気にしておりません。夏用は同じヘッドのロフトが立った分を来年春位に購入予定です。その時は発売のメーカーに無理言ってグルー調整を施してもらうつもりです。(笑)
値段は私も少し高いかな?とは思ったのですが(流体ジェルの2倍位?)背に腹はかえれませんので。
良い情報頂き、有難うございました。
出品者様のコメント欄には工房専用と記載されておりましたが、私のいきつけの販売店(工房専用ではないのですが)では探せなかったので、よほどのルートがないと仕入れないのでしょうね。そういう意味では良い買い物ができました。
有難うございました。
また、違うものを探す事になった時にも是非お知恵お貸し下さい。


[14475] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/13(水) 12:23
GearGeek様

本日、無事に手元に届きました。
中を見ると本当に固まっておりました。
これで、希望がかなえられそうです。
情報有難うございました。


[14482] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:GEAR GEEK Date:2013/11/14(木) 07:52
探人様、
ご希望の物で、良かったです。
作業時には大変な臭いが発生しますので、換気には注意して作業されると良いかと思います。(私は変な臭いにはなれていたから大丈夫でしたけれど)それでは頑張って下さい!


[14486] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/14(木) 22:10
GEAR GEEK様

情報、本当に有難うございました。
大変な臭いがするとか?
溶解させている時でしょうか?
今週は時間がないので来週に行うつもりでしたので助かりました。気をつけたいと思います。
実は、推奨はやはりホーゼルからの注入なのでしょうけれど なんとかウェイトの穴から注入したいと思っております。ところが、おそらく溶解したグルーは相当な熱を持っていると思われますので、通常のグルーを注入する注射器なるものでは、対応できないのではないかと案じております。
何か耐熱性の注射器とゴムチューブを探していますがなかなか良いものが見当たりません。今度はこれが悩みですね。
GearGeek様はやはりホーゼルからストッパーをはずして流し込んでるのですか?
重ね重ね失礼ではありますが、良い方法があればご享受下されば幸いです。


[14487] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:GEAR GEEK Date:2013/11/15(金) 08:38
探人様

市販のポリ製の注射器でも耐熱温度適に使用可能かと思いますが、注入前に固まる可能性も有るかもしれませんし、再利用は不可能かと思います。
私が考える素人用使用法は、まずホゼールからなら、ストッパーをはずして、ホゼールを垂直に固定する(その際、ストッパーをヘッド内に落下させないよう注意してください、中古ヘッドなどはよくヘッド内にストッパーのゴミが有り音鳴りの原因になります)※ヘッド内ストッパーの除去仕方もあるにはありますが・・・かなり難しい
ウェイト穴からなら穴を真上に固定して下さい。
ジェルの容器の蓋を取りそのままヒートガンもしくは焦げても良ければカセットガス使用などのトーチで液体状になるまで熱する(かなりの低粘度になります※水程度)その液体をアルミ缶のジュース等の空き缶をあらかじめ用意して、金きりばさみ等で半分以下に切っておいて、細い入り口から長し込めるように一箇所をくちばし状に加工しておく、そして、溶かした物を容器に移し、工具を使い容器をつかむ(プライヤーなどもしくは厚手の軍手)流し込みに自信が無ければ入り口に紙で作った小さな漏斗を使用、目的の重量を注ぎ終えたら固まる前に希望の箇所に固定される様にヘッドを傾ける。以上ですが、注意点は、製作した容器の、空の重量をあらかじめセットしておき、計りの上でジェルをいれて希望重量を測定してください
ご検討をお祈りしてます。


[14488] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/15(金) 09:24
GEAR GEEK様

グルーの注入方法の説明、有難うございます。
やはりウエイト穴からはその方法しかないですね。 挑戦します。
一つ心配だったのは、ソールにあるウェイト穴が希望の位置から遠い(ソールの穴はほとんどバックソール側にあり、希望の位置はフェース側のヒールよりです。スライサーなのとバックスピン量が多い為。)ウェイト穴より流し込めば少しヘッドを傾けたとしてもまずは一旦フェースよりのクラウン部分にたまり流し込んでいる最中にクラウン部分で凝固するのではないか?と思っておりましたが、それだけ高温だと大丈夫そうですね。(厳密に言えばヘッドをひっくりかえした時にほとんどが下におちそうですが、若干はクラウン部分に残って固まりそうですが、さほど影響はなさそうな感じですね。)
頑張って挑戦してみます。
有難うございました。


[14501] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/18(月) 13:53
GEAR GEEK様

昨日、指示された通りにウェイト穴より溶解したジェルを注入し即座に固めたい場所へとヘッドをひっくり返しました。結果、うまくできました。思ってたよりもスムースに作業ができました。有難うございました。
ところがです。問題が発生しました。
本日、打ったところ5発目位までは、本当に理想的な飛び方をしていましたが、6発目位から急におかしくなり、ヘッドを振ってみますと中からなにやらカラカラと音が。。。。
嫌な予感がし、ウェイトをはずして中をのぞいてみると、ジェルの塊が見えます。左右に振ってみますと一緒に動いているのです。
ジェルが固まっているところを見ますと私が望んだ材料である事は間違いないのですが、ソール内部と材料が癒着していないのが分かりました。どうしようかと悩みましたが、熱して溶けたので重量を置きたい場所を重心下にして、ソールをヒートガンで温めましたら中が見えないのでなんとも言えませんがおそらく再度溶解してあるべき場所で固まったと思われます。 今回は2日ほど寝かしてから打ってみようと思いますが、このご紹介頂いたジェルはヘッドの材質によっては癒着しないのでしょうか?ただヘッドの材質もチタンですので昨今のヘッドも大方チタン材質だと認識しておりますので、癒着しないはずはいと思っているのですが。。。。
その辺りご意見頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。


[14502] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:GEAR GEEK Date:2013/11/18(月) 14:48
探人様、GEAR GEEKです。
私はそのような経験が無いのですが、注入時に固まりはじめの物が注入されたか、ヘッド内で液体状態で癒着出来ずに何らかの原因で剥離したかだと思いますが、もしかしてヘッド内に前ジェルが残っていてそれが剥離した可能性も有るかと思いますが、一度ソールの全体をヒートガンで暖めて再度溶解させて癒着させるか、簡単な方法なら市販の音鳴り防止液体ジェルを1g程度いれて固形物を癒着させる方法も有るかと思います。単に固形物だけを取り省くタメならピアノ線の1mm程度の物を用意して、先端を釣り針の様に加工して(先端を針状に研いて曲げる)weight 穴から固形物に引っかけて除去する方法も有ります。


[14503] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:GEAR GEEK Date:2013/11/18(月) 15:01
補足、
9g全体がはずれたのでしょうか?私もジェル9gは少々多いかと思いましたが、もし全部なら、なるべくソールを下に希望箇所を決めて、広範囲で癒着するように調整した方が無難かもしれません。


[14507] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/18(月) 18:20
GEAR GEEK様

ご指南有難うございます。
剥離した原因は私なりに推測はできます。
1.前ジェルを除去する溶剤が実はまだ乾いてなかったもしくは揮発してヘッド内に残っていたものが今回の硬化ジェルと混じって付きがわるくなった。
2.ご指摘の通り、溶解したジェルをヘッド内に流し込みその途中で固まりながらうまく付かなかった。(ヘッドは冷めた状態でやってしましました。今から考えればヒートガンでヘッドも多少温めておけばよかったかと。)

先程ももうしあげましたようにソールをヒートガンで温めてながら希望位置にジェルが流れるようにして、念のためウェイトは装着せずに、乾かしております。
ウェイトの穴から見るとクラウン部分の裏が見えるのですがそこには若干ジェルが固形化してくっついてましたので、どうも2の可能性が高いようです。 水曜日まで、念のため乾かして木曜日に打ってみようと思います。
クラウン裏に固形状態でくっついているという事はそもそもソールにもくつかないとおかしいですものね。 
ヒートガンで温めた後、補足でご指摘の通りに少し広げる感じで調整してみました。
有難うございました。


[14546] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:探人 Date:2013/11/25(月) 10:45
GEAR GEEK様

結果報告遅くなりました。
その後、練習とラウンドした後に確認しましたが、グルーは動いてないようですので、成功です。色々相談に乗っていただいて有難うございました。
今後の事も考え、ウェイト穴からの注入を前提としましたら、固形のままで入れて下からヒートガンでヘッドをあぶっても一旦流体になるのであれば、最初から例えばグルーを1gの球体にしておき、それをヘッドに入れてから、万力等で固定して下から熱するのが一番簡単な方法と思いました。
流体でウェイト穴から注入しますと、一旦クラウン部分に落ちそこで、硬化するようなので、事前にヘッドを暖めておかなければなりませんし、少なからずもシャフトを挿した状態では、熱で抜ける可能性もありますので、できるだけ1回の温めで済ませたいという思惑もあります。
今回のヘッドは想定外の軽い重量だったのでかなりのグルーを入れなければなりませんでしたが、次回、ヘッドを注文する時は、個体差を利用して一番重いヘッドを注文して調整も2〜3gにしようと思います。
色々有難うございました。


[14549] RE:ヘッドの重量調整用グルー Name:GEAR GEEK Date:2013/11/25(月) 21:06
探人様
うまくいって、なによりです。
固形状態でヘッド内に入れてから溶かして、癒着させる方法は良い方法ですね。機会が有ればタメしてみます。



  



無料レンタル掲示板 1616BBS